ホームサイトマップお買物カゴ

北川村 ゆず
  • 北川村ゆず王国 ゆずぽん酢
  • 北川村ゆず王国 ゆずしぼり
  • 北川村ゆず王国 ゆずごしょう
  • 北川村ゆず王国 ゆずサイダー
  • 北川村ゆず王国 ゆず茶
  • しょうが蜜
  • 北川村ゆず王国 ゆずぽん酢
  • 北川村ゆず王国 ゆずしぼり
  • 北川村ゆず王国 ゆずごしょう
  • 北川村ゆず王国 ゆずサイダー
  • 北川村ゆず王国 ゆず茶
  • しょうが蜜
中岡慎太郎

高知の柚子(ゆず)は中岡慎太郎と北川村から生まれた。

北川村は95%が山。人口1,600人未満の小さな農村です。柚子の栽培は江戸時代に、当時の北川郷の庄屋見習、中岡光次(北川村出身の幕末の志士「中岡慎太郎」)が、 柚子を塩代わりに防腐や調味料として使おうと考え、村内に自生していた柚子の作付けを農民に奨励したことが始まりとされています。

北川村 ゆず

高知県は全国シェアの40%を占める柚子生産県ですが、その1/4が北川村で生産され、村の特産品として、柚子酢、飲料などに加工され、全国に出荷されています。 古くからの柚子の産地である北川村には樹齢100年を超える古木のゆずが点在し、また「実生(みしょう)」と呼ばれる種から育てられたゆずの木が多く、 一般的な接ぎ木の柚子に比べ、香りが強く、味も深みがあります。県内でも実生の柚子を出荷しているのは北川村だけです。

北川村ゆず王国 ゆずぽん酢
北川村ゆず王国 ゆずしぼり
北川村ゆず王国 ゆずごしょう
北川村ゆず王国 ゆずサイダー
北川村ゆず王国 ゆず茶
しょうが蜜
スマートフォンサイトはこちら
お問い合わせ